トップ

インプラントと先進医療について

先進医療は最先端技術を使い治療を行うと言うもので、厚生労働大臣が認可した医療のみがこのように呼ばれており、医療に携われるのも厚生労働大臣が認めている病院や診療所のみとなります。インプラント治療もこの先進医療として存在している病院や診療所がありました。ですが、2012年4月1日以降は、この医療は自由診療から保険適応による治療に変更されています。そのため、治療にかかる費用の負担も少なくなると言うメリットが有ります。但し、認可されていない病院施設でインプラント治療を行う場合は、従来通り自由診療で、全額自己負担と言う形になります。

インプラントでスッキリ

先進医療の医療法について

歯科のインプラントとはどういうものか。チタン製の人工歯根を、あごの骨にあなをあけて埋め込み、その土台の上に人工の歯を固定するものです。ブリッジや入れ歯と違い、保険の適用がきかない先進医療になってしまいます。でも、入れ歯にだと、ものをかんだときに違和感があり、美味しさも、少なからず奪われてしまいます。その点、インプラントはその違和感が少なく、かむ力も自然の歯により近くなります。ブリッジや入ればのように健康な歯を削ったり、周囲の歯に負担をかけることもありません。歯磨きもしやすく、お手入れにストレスを感じなくてすみます。見た目も自然です。